高級地域の部屋情報

 

賃貸住宅の種類

毎月家賃を払って居住している住宅は、「賃貸住宅」と呼ばれています。賃貸住宅はその住宅の所有者(大家さん)に対して賃料を払っているので、何年住んでも、その住宅が自分の所有物になることはありません。しかし、まとまった初期費用がかからずに気軽に入居できたり、気軽に引越す事ができるなど、賃貸住宅にはいろいろなメリットもあります。恵比寿のような地域ですと集合住宅タイプの賃貸住宅は見つかりやすいですが、戸建てを探すのはなかなか難しいようです。

 

賃貸住宅の多くは、不動産業者を通して経営管理されている民間賃貸住宅が多いのですが、中には「公社」と呼ばれる自治体運営の賃貸住宅などもあります。公社は公共賃貸住宅と呼ばれていて、公営住宅と公的賃貸住宅に分類する事ができます。このうち、公営住宅は県や市町村などが運営している賃貸住宅で、もう一つの公的賃貸住宅のほうは、都市再生機構住宅や住宅供給公社賃貸住宅、シルバー優先賃貸住宅などが挙げられます。

 

恵比寿の賃貸住宅というと、アパートやマンションのような共同住宅タイプが多いのですが、よく探すと戸建ての賃貸住宅も見つけることができます。戸建ての賃貸住宅の多くは、もともとそこに住んでいた人が転勤などで住めなくなり、家を賃貸に出しているという場合が多いようです。住めなくなったと同時に、そこは収益物件として期間を設けずに賃貸に出す場合もあれば、数年後にその場所に戻ってくる事を前提として、期間限定で賃貸に出されている物件などもあったりします。そのため、賃貸住宅の契約をする際にはきちんと最初に確認した方が良いでしょう。需要が高い恵比寿で賃貸を探してみるのはいかがでしょうか?

人気の町、恵比寿での賃貸状況は?

東京でも最も人気が高い町の一つが恵比寿です。恵比寿という町の名前がビール会社に由来していることは、有名なエピソードです。恵比寿は山手線では渋谷からわずか1駅、また地下鉄の日比谷線を利用すれば、六本木や銀座などに出るのにも便利とあって、豊富にあるマンションなどの賃貸物件もおおむね相場が高くなっています。

 

恵比寿は西口側と東口側でだいぶ様子が異なります。ガーデンプレイスができてからは東口の知名度が急速に高くなりましたが、基本的には東口側は居住区となっており、管理状態の良いマンションなどの賃貸物件が豊富に見られます。一般の観光客も多く、行き交う人も多いので居住区としては騒々しいのでは、と心配する人もいるかもしれませんが、ガーデンプレイスを一歩離れれば、すぐに洗練された住宅街と変わるところも恵比寿らしいユニークなところです。

 

また一方の西口側は、飲食店などが多くいわゆる繁華街となっていますが、それでもやはり数分も歩くと、閑静な住宅街に変わります。繁華街にはさまざまなお洒落なショップなどもありますので、生活の便利さという点では西口側の方が良いかもしれません。

 

さて気になる恵比寿の賃貸物件の相場ですが、駅から徒歩10分以内、ワンルームで15万円程度、また2LDKでは30万円程度となります。多少駅からの距離があっても気にならないという場合には、駅からの徒歩20分以内でワンルーム12万円程度、2LDKで26万円程度の相場となっています。

 

恵比寿は基本的に独身者や、子供のいない若いカップルなどを対象とした物件が多く見られます。最近では築年数は多少経っているものの、内装をスマートにリフォームしたちょっと広めのマンションなども賃貸で見つけることができます。掘り出し物の物件を見つけるには、やはり地元の不動産業者に直接相談する方が、良い物件を見つけやすいでしょう。